年中行事からプレゼントを選ぶ

 ただ今デザインをリニューアル中です。数種類のデザインが混在していますが、予めご了承ください。

メッセージローズ・薔薇に言葉を添えて・イメージ画像

 親しい人の誕生日にプレゼントする機会は年に一回しかありません。だから、今日知り合った異性の誕生日が昨日なら約364日後に成らないとプレゼントできない…という訳では有りません。せっかく知り合った方なら年中行事を利用してプレゼント、そのまま仲良くなれば嬉しいですね。

 また日本には、四季折々に日本文化を象徴するような独特の年中行事があり、昔から集って食事を楽しんだり、親しい人に贈り物をする習わしが有りますよね。これらの習慣を上手に拡大解釈して贈り物の機会としてあるいは、プレゼントを贈る理由にして仲良くなるチャンスを増やしましょう。

 さて改めて考えてみましょう、日本には、様々な年間行事やイベントがあります。それらはその人にとって、人生の節目となる記念日であったり、一年に一度のお楽しみの日であったりと、色々なイメージがあると思います。今回は年間行事の由来や、特別な日にふさわしいプレゼントを紹介していきます。


スポンサードリンク

岩塩ランプ・イメージ画像

 1月第2月曜日(昔は15日)……成人式と言えば大人として認められ、お祝いをする日ですね。ですが、どのような贈り物が成人式に相応しいのでしょうか。様々なヒントと共にお勧めのアイテムを紹介しています。詳しくは成人式のプレゼントをご覧ください。

 2月14日…バレンタインといえば年に一度、女性から男性にチョコレートなどを贈る日とされてますね。そのために、義理チョコ等と呼ばれる状況もありますが、本当に愛する男性には心のこもったプレゼントを贈りましょう。詳しくはバレンタインのプレゼントをご覧ください。

月の土地・イメージ画像

 3月14日……ホワイトデイにバレンタインデイに頂いたプレゼントのお返しを考える方は多いと思いますが、義理で頂いたプレゼントなら簡単です。義理で返せば良いのですから。その反対に悩むのが彼女からプレゼントを頂いていた場合ですね。詳しくはのホワイトデイプレゼントをご覧ください。

 4月1日、桜の咲く季節は始まりの季節でもあります。そうです、入学式や入社式が行われますよね。そもそもなぜこの時期に入学式や入園式が行われるかご存知でしょうか? 詳しくは入学や入社式のプお祝いをご覧ください。

名前入りマグカップ・イメージ画像

 5月の第2日曜日……母の日には日頃からお世話になっているお礼の意味を含めて、あるいは育ててくれた感謝の気持ちを込めて、お母さんに喜ばれる贈り物、プレゼントを贈りたいものです。例えそれが安物のプレゼントであっても、あるいは手作りのアイテムであっても母親と言う達から見れば大変うれしいものです。

 そして、お母ちゃん、お母さん、ママ、母親を呼ぶときには色々な言い方をしますがその言葉はどれをとっても身近にいる存在を閉めているように思いませんか。大人になるまで育ててくれた感謝の気持ちを込めてプレゼントを渡しましょう。詳しくは母の日の贈り物をご覧ください。

 6月第3日曜日……父の日は母の日などに比べて存在そのものが薄い印象ですね。実際私も父親にプレゼントをしたことはありません。ですが私にとってもあなたにとっても、お父さんは、一人しかいないはずです。せめて父の日ぐらい親孝行をしてあげましょう。詳しくは父の日のプレゼントをご覧ください。

アロマ・キャンドル|イメージ画像

 7月7日は七夕です。……一年に一度、夏の夜空を見上げると晴れた日なら、おり姫とひこぼしが出会う場面を見ることが出来るかも知れません。神様のお告げで一年の間にたった一回しか会えないなんて…大変ロマンチックな日でもありますよね。詳しくは七夕のお祝いをご覧ください。

 7月~8月頃(お盆まで、地域により贈る時期が若干違います)……お中元 お中元の贈り物を用意する季節はお好きですか? 親しい人、親しくない人、嫌いな上司、気に入らない同僚。本音を言えば色々とあるでしょう。ですが日本人としてこの社会に生きていくためには付き合いも大事でしょう。お中元の一般的なマナー

 9月第3月曜日(昔は15日)……敬老の日 敬老の日が近づいてくると、お爺さん、お婆さんに贈るプレゼントを考えるようになりますが、毎年のように「何を贈ろうか」と迷ってしまいます。もちろん贈り物を手にしたときの笑顔を想像して。詳しくは敬老の日のプレゼントをご覧ください。

 10月31日…10月の月末はハロウィンです。ハロウィンの起源はヨーロッパを中心に広がった民俗行事で、秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いを持つ行事でした。ですが近代でのハロウィンと言えば、子供たちが様々な仮装をして町中を歩き、窓をたたいてお菓子をもらうというイメージの方が強いように感じます。詳しくはハロウィンのお祭りをご覧ください。

年末のクリスマスシーズン|イメージ画像

 11月頃…七五三……元々は11月15日に3歳5歳7歳になったお祝いに神社にお参りに行く行事ですが、最近では10月中旬から11月前半と言う認識でも行う人が多いそうです。実際我が家の子供たちも特に日にちは決めずにお祝いをした記憶が残っています。詳しくは七五三の行事をご覧ください。

 12月頃……お歳暮に雪の便りが届き、年末を迎える頃になると、お歳暮の贈り物を考える季節がやってきます。お世話になった人だけでなく、嫌いな上司、気に入らない同僚にも、自分の将来を考えて、お歳暮を贈る用意をしましょう。一般的なお歳暮のマナー

 12月25日(最近は23日~25日の間が一番盛り上がる様子です)クリスマスに必要なものと言えば、一番目に一緒に過ごす人物です(笑)。家族とか、兄弟、夫婦、友人、会社の同僚、学校の同級生、恋人。とにかく誰でも良いんです。一緒に同じ時間を過ごす人がいれば。そして同じ時間を共有する人に贈るプレゼントを用意しましょう。

  1. クリスマスプレゼントで素敵な夜。TOP
  2. 彼女・妻と一緒に過ごす
  3. 彼氏・旦那と一緒に過ごす
  4. 老若男女問わず、友人達と
  5. 子供、孫(男子女子共に)

誕生日プレゼントに関するコラム


スポンサードリンク

―――― END of This page.And Copyright-takumushobou-All Rights Reserved――――
サイト内で公開している文章及び画像には全て著作権があります。許可無く複製、再配布等は著作権法で禁止されています。

誕生日プレゼント・相手が喜ぶ贈り物
カスタム検索
特定商法表記  個人情報法  サイトの利用案内  拓夢書房とは  PC-ブックマークに登録 
誕生日プレゼント年中行事