誕プレ7か条「ななつ」雰囲気作り


贈る時の雰囲気作りが重要(イメージ画像誕生日プレゼントを贈る時にはその場面にあわせた雰囲気作りが大切です。簡単な例を挙げてみましょう「彼女が誕生日を迎える前日に彼女と喧嘩した。だけど次の日は誕生日だからプレゼントを渡さないと……」なんて時にプレゼントを贈っても女性でなくても喜ぶはずはありません。

この様にプレゼントを渡す時には事前に(最低でも一週間前から準備は必要だと思います)雰囲気を作っておくことがポイントです。雰囲気作りといってもそんなに難しい事ではありません、ぜひ実践してみてください。

スポンサードリンク



贈る時の雰囲気作り

誕生日プレゼントを贈るときに雰囲気が重要になるのは、恋人へ贈るときでしょう。もちろん孫や友達、子供に贈る場合も必要な演出と言えますが、もっとも大事なのは恋人に贈る場合でしょう。ですので彼女に贈る時を例題として説明しましょう。

彼女の誕生日を迎える前の段階として「誕生部プレゼントを贈るとは約束しません」これは七か条「ひとつ」のページで説明しましたが、プレゼントを用意しているかどうか、と彼女に期待させるためですよね。そして予め、彼女へ誕生日プレゼントを渡す場所として二人きりになれる「どこか」を確保しておく事が重要です。

この場合の「どこか」とはホテルであったり、レストランであったり、ご自身で用意できる範囲で構いません。とにかく彼女と二人きりに成れる場所を確保しておくのが肝心です。街の中を歩きながら落ち着ける場所を探すという案も良いでしょうが、万が一どこに行っても満席の場合はどうします?

女性の立場から見ると物事をスマートに進めない男性はマイナスポイントです。しかもこの場合彼女にとっては大事な誕生日ですから最低限、プレゼントを渡す場所は予め確保しておきましょう。

スポンサードリンク



問題になるのは予算が少ない

ここまで来て問題になるのは、予算が少ない方ですよね。プレゼントを買うだけで精一杯なのにさらにホテルとかレストランにかける予算がない方、よく考えて見ましょう、二人きりになれる場所は数多くあります。例えば乗用車をお持ちなら立派な密室ですし、近くの公園で邪魔になる人が近寄らないスポットは必ず存在します。予算の少ない方は知恵を絞りましょう。

お勧めの明るさは普段よりも薄暗いほうが効果的です。薄暗さは不安を煽りますから、彼女があなたに感じている親しみがさらに膨らみ、普段よりも甘い雰囲気が演出できます。また横に並んで座る場合には、彼女の右手側になるような位置を選びましょう。あなたの発する言葉が右耳から入り、左脳を刺激します。

彼女へ誕生日プレゼントを贈るときの雰囲気(演出)方法をお伝えしましたが、詳しくは「彼女への誕生日プレゼント」をご覧ください。他にも様々な演出方法をお伝えしています。

スポンサードリンク