誕生日プレゼントのチェックポイント・七か条


誕生日プレゼント七か条のイメージ画像誕生日プレゼントのチェックポイントを七か条ほど考えてみました。ネット上の質問箱などを読んでいると、ごく簡単な事なのに悩まれている方が結構多いようです。そこでその人たちに共通する悩みを分析し7通りに分類してみました。

例えば、大切な方の誕生日に「何かを贈る」と約束す人がいますよね。すると贈られる側の人、つまり相手の立場で考えると「誕生日を祝ってくれる人がいるかも?」という期待が「何を贈ってくれるの?」という物質的な期待に変わります。

結果として、その期待に答えられない可能性が生まれます。子供や孫の場合は問題になりませんが、恋人にプレゼントする時は注意が必要です。以下、それぞれの簡単な説明です。

スポンサードリンク



ひとつ、贈る事を約束しない。「何かを贈る」と約束すれば、相手の立場で考えると「誕生日を祝ってくれる人がいるかも?」という期待が「何を贈ってくれるの?」という物質的な期待に変わります。結果として、その期待に答えられない可能性が生まれます。子供や孫の場合は問題になりませんが、恋人にプレゼントする時は注意が必要です。

ふたつ、プレゼントで盛り上がれ。プレゼントを贈って相手が喜んだ証拠として挙げられるのが、その場が盛り上がるか? もちろんその他にも要素は有りますが、盛り上がる方が良いのは誰でも理解できますよね。「人間は嬉しくなると口が滑らかになります」この理論を逆に捉えると、贈ったプレゼントで会話が弾むようなアイテムを探す事がポイント。特に友人に贈る場合は重要ポイントでしょう。

みっつ、転用できるアイテム。せっかく選んだ誕生日プレゼントなのに、相手が気に入ってくれない時ってあります。特に彼氏や彼女など恋人へ贈った時は悲惨です。

「ありがとう」と彼氏(彼女)は口では言うものの、本心って見えないのが現実。ですので予め準備が必要です。例えば「小銭入」の場合だと会話で「小銭を入れなくても印鑑を入れても良いしねー」なんて言える様なアイテムを選びましょう。具体的な例

よっつ、相手の負担にならない金額。予算って実は重要なファクター(要素)ですよね。だからと言って金額が高ければ良い訳ではありません。特に恋人未満の彼女、彼氏になったばかりの男性、恋人が学生の場合など、予算を控えめにした方が良い結果を生む場合も多々あります。詳細はこちら

スポンサードリンク



いつつ、気持ちを添えて贈る。誕生日を迎える人を喜ばせる方法って結局自分の思っている相手への気持ちを、相手が理解してくれるのが一番なんですよ。でも人間(特に日本人の場合)って、相手の気持ちを汲み取るのは苦手なんです。ですから必要なんですね「自分の思っている相手への想い」を正確に伝える事が。自分の想いを伝えたい方は「言葉を添えて贈る」をご覧ください。

むっつ、プレゼントは手渡しが原則。相手(場面)によって違いますが、贈り物は相手に手渡すのが原則です。悪い例として挙げると「付き合いはじめた異性に宅急便を使ってプレゼントを贈る」なんて事例があります。演出を考えた結果なら良いですが、普通は手渡す事であなたの想いが相手に伝わります。

ななつ、贈る時の雰囲気作り。彼女と喧嘩した。だけど彼女の誕生日だからプレゼントを渡さないと……なんて時にプレゼントを贈っても彼女が喜ぶはずはありません。ですのでプレゼントを渡す時には事前に雰囲気を作っておくことがポイントです。
スポンサードリンク