嫌われる例


誕生日プレゼントで嫌われた実例なぜ誕生日プレゼントで嫌われる方法を考えた方が良いのか? これは個人的に考えた事なので、くだらないと思わる方はスルーしてください。さて本題、誕生日プレゼントで相手の方を喜ばせる為には、相手の本音(求めている内容)を探る必要があります。

ですが他人が考えている事は本人に聞く以外に方法はありません。例えば、心理学者の権威者であれば対象と成る人の心理を推測する事は可能でしょう。ですが一般の市民が他人の気持ちを考えても無理な事は容易に理解できるでしょう

解りやすくいえば「いくら一生懸命考えたところで所詮他人の本音は解らない」のです。ならばプレゼントを渡す相手に「何が欲しい?」と聞けば良いだろうと言う声もあります。

スポンサードリンク



ところがこれだと贈ろうと考えている相手の心理として「誕生日が来るとこの人からのプレゼントがあり、その中身は○○だ」と詳細な部分まで解っている状況です。去らんじ言えば、既にプレゼントがある事が既成事実なので手渡されても感激するほどの事では有りません。

だからこそ悩むのですが、逆説的に考えると「相手に嫌われるプレゼントは何か?」を予め知っておけば、少なくとも本当に「誕生日プレゼントで嫌われる」ことはないでしょう。と言う訳でまずは一番嫌われるプレゼント例を挙げてみましょう。それはエゴ(個人的な考えを相手に押し付ける考え方)的な考えで選んでいる場合と言えるでしょう。

ブログとか質問箱を読んでいるとエゴの塊のような(個人的な)考え方で誕生日プレゼントを決めている方が居るようです。言い方を変えれば相手のことを考えずに贈っている訳で、やはり相手のこと思いやる気持ちが重要だと改めて感じました。

誕生日プレゼントがエゴ(個人的な感情を相手に押し付けるような行為)だと思った実例を挙げてみましょう。これらの例はネット上の記事(ニュース)や質問箱に書かれていた内容を基に個人的にエゴだと思った意見をまとめています。他人から見てエゴだと感じても本人はエゴだとは思いませんから注意が必要ですね。

スポンサードリンク



義母の誕生日プレゼント

お婆さんへの贈り物(イメージ画像

おばあさん

http://questionbox.jp.msn.com/qa8145867.htmlより引用「何かプレゼントをしたいのですが、実は母の日に金銭的に厳しかった私は花を何本か買って自分で箱に詰めてアレンジメントしたものを渡したら、義母は昔の考え方というか、礼儀に厳しい人だったらしく、失礼だと激怒されてしまい、もう贈り物は二度としなくていいと言われてしまいました

この様な質問がネット上で公開されていました。この場合問題になったのが、小箱に花束を入れると「棺桶に献花」しているのと同じ意味がある、と言う考え方があるからのようです。その一方で、このような考え方が無く、なぜ気に入らないのか? 具体的な理由が分からない人も大勢います。

この様に人によってアイテム(この場合は誕生日プレゼントを指す)に対する考え方が違いますので、受け取ったプレゼントに対して難癖をつける(ように感じる)場合もあります。この場合は「贈った相手がエゴだった」と言えますが、皆様はどのように感じるでしょうか?

旦那からの誕生日プレゼントが女子中学生の体操服セット

妻・奥様への誕生日プレゼント(イメージ画像

妻・奥様に贈る時

http://news.mynavi.jp/news/2013/06/11/211/index.htmlより引用…「旦那からの誕生日プレゼントが女子中学生が着るような体操服セットでした。これを私に着ろというのでしょうか…。正直ドン引きです。特にそういうロリコン趣味はなかったのですが、最近興味が出てきたようです

この様な質問がネット上で公開されていましたが、いくら旦那様から奥様への贈り物だとは言えお互いの性格はある程度理解されているでしょうから、ご主人の趣味、思考でロリコン趣味の服を贈るとは如何なものでしょう?

もちろん奥様も同じような趣味をお持ちであるなら別ですが、ご自身のエゴだけでプレゼントを選ぶからこのような感情が湧いてくるわけで。さらに言えば受け取った妻の気持ちなど全く推測できないのでしょう。やはり相手の気持ちを尊重する事が重要だと改めて思います。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)