フラワー(お花)と言えば定番アイテム


フラワーとワインの組み合わせ誕生日プレゼントとして安定した人気を集めるのがフラワー(お花)!! と言っても過言ではないでしょう。ですが最初からお花と決めている方は当サイトに来訪しないでしょう。フラワーでも良いけど何か物足りない…相手が喜ぶようなアイテムはないだろうか? 実はあります。想像以上に様々なアイデアが紹介されています。

プリザーブドフラワーをご存知ですか? 通常フラワーは生花として贈りますが、すぐにかれるのが難点と言われています。そこで花の水分を特殊な液体とすり替える技術が確立されています。ところが今度は生花の特長である「香り」が消されてしまう事が欠点と成りました。女性は五感の中で嗅覚が発達していると言われています。

そこでフラワーギフトのブランパピエでは、プリザーブドフラワーをプレゼントする際の特長としてアロマカードを開発されました。簡単に言えばオリジナルブレンドしたアロマオイルをカード(紙?)に染込ませ【香りと癒しのプレゼント】として販売されるそうです。もちろん花びらにメッセージを刻むタイプに適応しています。

スポンサードリンク



フラワーとアロマカードの組み合わせちなみにネットからの購入はパソコンの前に座っているだけで離れた場所に住む、母親や彼女、あるいは学生時代の友人など、日本国内どこにでも贈る事ができるプレゼントです。今日では配送するための梱包技術が高くなっていますから、配送中の破損は考え難い状況になっています。お気軽に注文される事をお勧めします。

さて右上の写真ですが、こちらはフラワーとワインを組み合わせたアイテムと成っております。通常、一般的な花屋さんではお酒を取り扱う事が法律で規制されています。要するにアルコール類を販売する許可を取っていない為ですね。この問題に取り組み、提供されています。詳しくはフラワーとワインの組み合わせをご覧ください。

次に右側の写真ですが、ブーケ(フラワー)に誕生石を組み合わせたアイテムと成っています。誕生石と言えばご存知の方も多いでしょう、誰にでも誕生した月に対するパワーストーンがあります。これをブーケと一緒に贈る事で相手の方に喜んでいただこうと言う考えです。上記と同じページにて詳しくご案内しております。

スポンサードリンク



最近のフラワー事情

お花と言えば花キューピットが有名でしたが、最近は様々な企業、個人経営のフラワーショップがそれぞれに独自の配送技術を確立し、崩れにくいフラワーを全国に直接配達できるようになりました。そのうちのひとつが株式会社フラワーメッセージお花屋さんでしょう。

こちらの株式会社フラワーメッセージお花屋さんでしょう。可愛い動物をかたどったアレンジメントなど、他のお店では見られないようなオリジナルの商品が豊富に揃っています。また「お花屋さん」が特許を取得している「中のお花の見える宅配ボックス」で全国にお届けしています。もちろんご用途、価格、お好みの色や、産地直送のバラの花束と言った指定、入手が難しい花材など、できる限りのご要望に合わせたお花をお届けしています。

フラワーを選ぶポイント

誕生日プレゼントにフラワーを贈る際のポイントは、鉢植え商品にするかアレンジ商品にするか、という点と、一種類の花材にこだわるか、それとも豪華に感じるアレンジ商品にするか。このあたりをポイントにして決めると良いでしょう。

例えば、左側のアイテムは一種類の花材にこだわったアレンジ(正確にはアレンジと言いませんが)商品になっています。勝手に名前を付けると『驚異の100本攻撃!オランダ直輸入品。絶大なるインパクト』みたいな感じになるでしょうが、グリーンのバラ100本を贈る際は50、000円以上必要です。贈る相手は大切な人限定ですね。

右側の花も同じく赤のバラばかり、100本ほど集めたものになっています。圧倒的な花束、赤のバラ100本は22、000円程度です。この程度なら、恋人へのプレゼントに贈れる値段でしょう。予算的に厳しいようであれば、同じ柄(色合い)のバラを50本ほど集めた11、000円程度の商品もあります。これら以外にも複数の花を使い、作り上げたアレンジ作品もあります。(一番上、左側の写真と、そのやや右下に見える写真の商品)

スポンサードリンク



最高級品は胡蝶蘭

アレンジフラワーとは違った雰囲気を持つのが鉢植えの花でしょう。アレンジフラワーとは違い、適切な管理をすれば驚くほどその花の寿命が延びます。余談にはなりますが、誕生日プレゼントに鉢植えのフラワーを贈っても問題になりませんが、入院中の友人などには鉢植えの花はご法度です。

鉢植えにしてある花の根は生きていますから伸びますね、ですので根付くと言う言葉が、寝付くと言う言葉につながり、不吉なお見舞いとして嫌われています。

さて、誕生日プレゼントの話に戻りましょう。鉢植えフラワーの中で一番と言われているのが胡蝶蘭です。育成の難しさ、開花させるまでに必要な手間、そして努力、どれをとっても他の花栽培以上の忍耐が必要です。それだけに事情を知る人物からは最高の花として持て囃されています。

上側写真の胡蝶蘭は白いお花に赤い口をもったすこしかわった大輪3本立ちの胡蝶蘭、華やかさと清らかさを合わせ持つ、貴重な一品と言えるでしょう。価格は19,000円程度で購入できます。