成人式を利用したプレゼント


成人式のイメージ写真成人式を利用したプレゼントを考えてみましょう。毎年、1月の第2月曜日(昔は15日)は成人式と定められています。成人式と言えば大人として認められ、お祝いをする日ですね。

但し地域によってはお盆の季節に開かれる場合もあるようです。理由として既に社会人として旅立った青年が盆に帰京する時期を狙うから、という話ですね。

ただ、これらは山村などに限られているようで、少子高齢化を象徴するようなイメージがあり少々寂しくもあります。さて、成人式に相応しい贈り物にはどのようなアイテムがあるのでしょうか。具体的な成人式の内容と共に紹介していこうと思います。

さて、どのような贈り物が成人式に相応しいのでしょうか。様々なヒントと共にお勧めのアイテムを紹介して行きますが、せっかくなので女性ブロガーの意見も聞いてみようと思います。

スポンサードリンク



女性に意見を聞くと

一月の第二月曜日はなんの日であるかご存知でしょうか?一人の人として自立し、大人の社会へと仲間入りする、人生の節目となる日。そうです「成人の日」です。この日にはそれを祝う儀式として、各地域で成人式が行われます。

私も成人式には振袖を着て出席致しましたが、女性は振袖、男性はスーツや袴などの正装に身を包んで式に参加し、一成人としての意識を高めます。そもそも、成人式とは男性が成人となった証として行っていた日本古来の儀式「元服」が由来しているそうです。

昭和23年に「成人の日」は小正月の1月15日と定められましたが、現在で先述致しました通り、1月の第2月曜日に制定されています。そんな晴れの日を迎えた成人にふさわしいプレゼントを考えてみました。

社会人としての身だしなみの基本として、ネクタイやハンカチなどは定番のプレゼントだと思います。また、飲酒が出来るようにもなる歳ですから、お酒なども定番ではないでしょうか。このような物も頂いて嬉しいのは間違いありません。しかしせっかくなら、ちょっと特別な贈りものが良いと思うのです。

大人としてのおしゃれグッズなどはいかがでしょうか?男性であればスーツを着た際、カフスボタンを付けているだけでお洒落な雰囲気が出せると思います。スタイリッシュなデザインのもの、クラシックな雰囲気のするものなど様々ですから、贈る人の雰囲気に合わせて選んでみるのも良いと思います。

また女性の場合はお化粧グッズなどがお勧めです。適度なお化粧は社会人としての基本だと思います。化粧筆などは良い物はなかなか自分では買いませんから、プレゼントで頂いたらきっと喜ばれるでしょう。このように、成人の日の贈るプレゼントは、大人のお洒落を楽しむための物を私はお勧めします。

スポンサードリンク