月の土地


月の土地(イメージ画像誕生日プレゼントに月の土地は如何でしょう? 月の土地がたったの3000円程度で購入できます、と誕生日プレゼントとして紹介していますが、このアイテムが人気を集めています。もちろん洒落の分る人が選んでいるのでしょうが、法律的に本当に月の土地が買えるのか?どこにこのアイテムの魅力があるのか?様々な角度で調査しました。

誕生日プレゼント・ランキングのページで公開している通り、プレゼントとして常に上位の人気を集めているアイテムは月の土地(株式会社ルナエンバシージャパン) で売り出し中の『月の土地』です。ですが、月の土地と言っても、ピンと来ない人が多いでしょう。

また『本当に月の土地が買えるのか』あるいは『法律的な根拠があるのか』など、気になる点も多いでしょう。そのあたりをチェックしながら誕生日プレゼントとしてのお勧め度を調査しました。

スポンサードリンク



※月の土地(株式会社ルナエンバシージャパン)より抜粋

月の土地を販売しているのは、アメリカ人のデニス・ホープ氏。 (現アメリカルナエンバシー社CEO)同氏は、「月は誰のものか?」という疑問を持ち、法律を徹底的に調べました。

すると、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した、いわゆる宇宙条約 しかないことがわかりました。この宇宙条約では、国家が所有することを禁止しているが、個人が所有してはならないということは言及されていなかったのです。

スポンサードリンク



月の土地が贈れるのか?

この盲点を突いて合法的に月を販売しようと考えた同氏は、1980年にサンフランシスコの行政機関に出頭し所有権の申し立てを行ったところ、正式にこの申し立ては受理されました。

これを受けて同氏は、念のため月の権利宣言書を作成、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にこれを提出。この宣言書に対しての異議申し立て等が無かった為、LunarEmbassy.LLC(ルナ・エンバシー社:ネバダ州)を設立、『月の土地』を販売し、権利書を発行するという「地球圏外の不動産業」を開始しました。

『月の土地』は、自分用にはもちろん、誕生日プレゼントとしての贈り物などに大変、喜ばれています。誕生日や結婚、出産祝い、クリスマスやバレンタイン、母の日といったプレゼントとして大変喜ばれています。満月の夜には、お月見をしましょう!月の土地(株式会社ルナエンバシージャパン)のサイトより抜粋いたしました。

さて、月の土地は誕生日プレゼントとして、どのぐらいの魅力が有るのでしょうか?実際問題として月の土地を購入してもすぐに住める訳ではありませんし、将来月への旅行が現実的になっても、本当に済みたいとは思わないはずです。ですがなぜか月の土地が売れています。月の土地・プレゼントの魅力を探ってみましょう。

火星の土地……火星の土地も、月の土地と同じ理由で買うことが出来ます。
金星の土地……上記とまったく同じ理由で金星の土地も購入できます。
地球儀ではなく月球儀、あるいは火星儀などといった学習アイテムもあります。
ホームスターPROは家庭の室内で楽しめるプラネタリウムです。

手軽に楽しめるプラネタリウムを贈りませんか? ルナエンバシージャパンさんでは「ホームスターPRO」と言うプラネタリウム装置を販売されています。この装置で家庭の壁や天井などに約1万個の灯りを点灯させ、満天の星空を映し出します。特定の星に色を施したカラーや、日本から見える星空、さらに月(満月)の雄大な姿をも映し出します。詳しくは商品一覧からご確認いただくことが可能です。

スポンサードリンク