モッツァレラチーズ|チーズの種類


モッツァレラチーズのイメージ画像モッツァレラチーズ|チーズの種類と魅力と知識…南イタリアのカンパーニュが原産地のフレッシュチーズであるモッツァレラチーズは、元々は濃厚な水牛の乳から作られていました。しかし現在では水牛の数が減ってしまったので、牛乳で作られている方が圧倒的に多くなっているようです。

牛乳で作られるモッツァレラチーズの方がさっぱりした味になるそうです。塊で塩水に浸かった状態で売られていることが多いようです。

名前の由来は作る過程で引きちぎる(=モッツァーレ)ことからきています。練っては引っ張ることを繰り返すパスタフィラータ製法によりチーズの組織が繊維状になって手で裂くことができます。

スポンサードリンク



チーズの表面はすべすべ・もっちり

チーズの表面はすべすべ・もっちりしており「つきたてのお餅」や「豆腐」のようだと称されます。軽い歯ごたえでクセのないすっきりとした味で、フレッシュチーズに特有の酸っぱさも少なくほのかに甘みがあるようです。

熱するとトロリと溶けて、モッツァレラチーズ特有の糸引きが出るのも特徴です。調理例としてはそのままスライスしてトマトと交互に並べバジルや塩コショウ・オリーブオイルを加えたカプレーゼや、裂いてサラダに入れたりピザやグラタン、などがあります。

クセのないすっきりとした味は他の食材とも合わせやすいようで、リゾットやキッシュ、マリネなどに入れても良いようです。また、豆腐の様に醤油やわさび醤油で食べても美味しいそうです。フレッシュチーズですから出来立てが一番おいしく、購入後も出来るだけ早く食べた方が良いそうです。

スポンサードリンク