パジャマも素敵なプレゼント

 ただ今デザインをリニューアル中です。数種類のデザインが混在していますが、予めご了承ください。

 パジャマも素敵なプレゼント…パジャマと一口に言いましても、実に様々なものがありますよね?値段もピン切りですし、素材につきましても綿やコットン、ポリエステルにシルクなど様々です。その中で、私の理想とするパジャマは快適さと可愛さを兼ね備えたものです。

 一日で一番幸せな時間とはどんな時でしょうか?私は何と言っても、布団に転がるその瞬間です。頭の中を空っぽにして「今日もお疲れ様!」と自分に語りかけています。睡眠は体を休めるだけでなく、心身ともに癒される時間ですよね? 快適な睡眠のために、寝具にこだわったり、照明にこだわったり、アロマをたいたり…

 その時間の使い方は人それぞれだと思いますが皆さんはいかがでしょうか。様々なこだわりの中から、今回は直接私達の肌に触れる「パジャマ」について少しお話をしたいと思います。…と言いましても、実は私自身それほどパジャマにこだわりがなく、着心地が良ければそれで良いという考えです。

衣料量販店で買った上下1900円

 衣料量販店で買った上下1900円位のパジャマで満足している私ですが、贅沢を言うならば、着ていて幸せになれるような可愛いパジャマに包まれて寝てみたい。そんな小さな夢があります。可愛いだけではない、着心地にもこだわったそのパジャマは女心をくすぐる魅力がありました。

 先日、大阪で人気のファッションビルで買い物をしていた際、心がときめく様なルームウェアのショップを見つけて、いつかはこんなパジャマを身にまとって寝よう!と小さな目標を立てました。着ていて幸せになれるようなパジャマを着て、「眠りを楽しむ事」も大切だと思うのです。パジャマにはそんな力があると思います。

 例えば温泉旅館に行き、ゆっくり温泉につかった後、さらりとした浴衣を身にまとうと気分もよくなりますよね?Tシャツにズボンでは…なんか盛り上がりませんよね。それと同じで、毎日の睡眠にも自分の好きなパジャマを着る事で、睡眠をより充実した物にする事ができ、日々の疲れを癒す事が出来るような気がします。

 ですから最近寝つきが悪い、眠りが浅い、などとお悩みの方はお気に入りのパジャマを見つけてみるのも良いかもしれませんね。

肌着をそのまま寝間着

 昔は肌着をそのまま寝間着としていたことが多かったようです。日本の場合でも着物の肌着で就寝し、襦袢や浴衣や甚平を寝間着としていたこともあるそうです。明治維新以降、普段着は和装から洋装に変わっていくなかで、それに数十年遅れる形で洋風の寝間着=パジャマが日本でも普及してきたようです。

 パジャマの語源はヒンディー語の「パージャーマー」という足首まで長さのあるゆったりとしたズボンだったそうです。19世紀になってインドに駐留していたイギリス人が寝間着としてこのズボンを使い出したことから世界中に広まったと言われています。

 パジャマと一口に言っても色々な型があります。ノースリーブ(袖なし)のもの、半そで、長袖のもの、半ズボン、長ズボンのもの、ワンピース型のもの(ネグリジェ)等です。素材も綿や絹や麻、ポリエステルなど様々ですが、寝るときにリラックスできるようゆったりとしたデザインのものが多いようです。

 また、デザイン重視の着ぐるみタイプのもの、子供向けのつなぎタイプのものなど家の中で着るものだからこそ、自由な発想のパジャマも販売されているようです。上下セットのジャージやTシャツと短パン、フリースの上下を「パジャマ」と「ルームウェア」両方に使えるものとして着ている人も増えているようです。

―――― END of This page.And Copyright-takumushobou-All Rights Reserved――――
サイト内で公開している文章及び画像には全て著作権があります。許可無く複製、再配布等は著作権法で禁止されています。

誕生日プレゼント・相手が喜ぶ贈り物
カスタム検索
特定商法表記  個人情報法  サイトの利用案内  拓夢書房とは  PC-ブックマークに登録 
誕生日プレゼント10000円で買えるアイテムパジャマも素敵なプレゼント