シャネル-CHANEL|財布

 ただ今デザインをリニューアル中です。数種類のデザインが混在していますが、予めご了承ください。

腐ってもシャネルはシャネル・写真

 シャネルと聞いて思い出すのは香水でしょうが、香水だけでなく財布をはじめ、様々なアイテムをシャネルは発売されています。ウォレットの特長として使われている素材が挙げられます。主に使われているのはレザーで、カーフ(仔牛の革らしい)やラムスキン(子羊の革らしい)が大半を占めているようです。

 その他、革製品の素材として爬虫類などを使うこともあるようです。その一方で牛革をプレスした偽物も探せば直ぐに見付かるとの噂です。最近人気を集めている財布はキャビアスキンを使用したアイテムらしいですが、私自身シャネルを買えるほど小遣いが多くありませんから、どのような財布なのか、写真でしか知りません

 実は最近ヤフーオークションを利用してシャネル-CHANEL|の財布を入手しました。写真で見るのと現物を見るのでは大違いで、中古品に成ることぐらい理解しておりましたが、かなりくたびれた様子です。とはいえシャネルである事に間違いはなく、私のコレクションの一つとして仲間入りしております。女性向けのデザインなので男性の私が持ち歩くことはありませんが、シャネルを堪能することが出来ます。

お進めのショップ

 ネットでブランド品の財布を探す場合、気を付ける点として、多くの場合はブランド名を頼りに、ブランド品を売っているショップを訪ねることに成ります。ブランド財布を専門に扱うショップは滅多にないようです。また多くのブランド品を扱っているショップや実店舗の運営をされているショップの方が安心です。

 また多くのショップはメーカー直営ではなく、独自のルートにより商品を仕入れています。実際にブランド品を仕入れるのは海外と成り、場合によってはアウトレット商品を仕入れて並行輸入として仕入れている場合が多いようです。革製品を購入する目的にもよりますが、中古品(あるいは新品未使用)を狙う手もあります。特に定番を外れて現状で入手困難なアイテムは中古品を狙うしかありません。

スポンサードリンク

 財布に対する認識度を調査中です。アンケートに答えなくても結果を見ることが出来ます。ぜひ調査に協力して下さい。

シャネル財布の歴史や特徴…etc

 シャネルの誕生は、創業者である「ココ・シャネル」が27歳(1910年)のとき、フランスのパリ、カルボン通り21番地にシャネル・モードという帽子店を出店したのが始まりとされています。当時、どの程度の規模であったかは知りませんが、現在ではファッション業界屈指のブランドとして育ち、その名前は誰もが知っているでしょう。いわば、老舗のブランドです。

 有名な(というか多くの人が語っている)言葉が有るそうで「私は流行を生み出しているのではない。スタイルを創りだしているのです」と言われたそうです。つまりブランドが生み出す「ファッション」によって女性の生き方はスタイルですよと、提示したのです。ちなみに「キャビアスキン」とは、キャビアのような粒状の型押しカーフレザーを使用した素材らしい。

―――― END of This page.And Copyright-takumushobou-All Rights Reserved――――
サイト内で公開している文章及び画像には全て著作権があります。許可無く複製、再配布等は著作権法で禁止されています。

財布‐コレクション・いま人気のウォレット
カスタム検索
特定商法表記  個人情報法  サイトの利用案内  拓夢書房とは  PC-ブックマークに登録  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
誕生日プレゼント財布→ シャネル-CHANEL|財布