クロエ-Chloe|財布

 ただ今デザインをリニューアル中です。数種類のデザインが混在していますが、予めご了承ください。

 クロエの財布を捜してみましたが、ネット上ではあまり出回っていない様子が伺えます。まったくない、という状況ではなくヤフーショップのごく一部の店舗に在庫がある状況でした。もちろんこれは調査した時点での話ですので、探し方次第では簡単に見つかるかもしれません。

 クロエの特徴を調べると、ビニールコーティングを上品に使ったアイテムが多いようです。レザーそのもの光沢ではなくレザーにかぶせるようなデザインに仕上げているようです。また、Chloeと施されたステッチが可愛らしい印象を持つ人に与えるように感じられました。ただ製法の関係で財布にシワ・加工ムラが見つかることが有るようです。

 なお、右上の画像は私の所有しているアイテムではなく、ネットで無料配信されていた写真を使わせていただいているものです。

スポンサードリンク

お進めのショップ

 ネットでブランド品を探す場合、気を付ける点として、多くの場合はブランド名を頼りに、ブランド品を売っているショップを訪ねることに成ります。ブランド品を専門に扱うショップは滅多にないようです。また多くのブランド品を扱っているショップや実店舗の運営をされているショップの方が安心です。

 また多くのショップはメーカー直営ではなく、独自のルートにより商品を仕入れています。実際にウォレットを仕入れるのは海外と成り、場合によってはアウトレット商品を仕入れて並行輸入として仕入れている場合が多いようです。財布を購入する目的にもよりますが、中古品(あるいは新品未使用)を狙う手もあります。特に定番を外れて現状で入手困難なアイテムは中古品を狙うしかありません。

 ところで、日本の技術力と世界の希少革を組み合わせた限定商品【ココマイスターの財布】はいかがでしょう? 日本で一番皮革と縫製にこだわるお店。WEB通販ココマイスターの当店(ココマイスター)は日本製にこだわったメーカー直販・手作り専門店です。ココマイスターさんはこちらからどうぞ!!

スポンサードリンク

 財布の人気度を調査中です。アンケートに答えなくても結果を見ることが出来ます。ぜひ調査に協力して下さい。

クロエ-Chloeの魅力や歴史など…etc

 今では有名になったクロエ、ブランドですが、その誕生は「マダムギャビーアギヨン」と「ジャック・ルノワール」が1952年に設立した企業というのが定説です。そしてクロエ(正確にはChloe)というブランド名の由来は、ロンゴスの古代小説「ダフニスとクロエにまつわる牧人風のレスボスの物語」を原作としたバレエ音楽「ダフニスとクロエ」から付けたのが定説とされているようです。

 そして転機となるのがカール・ラガーフェルド氏が1963年にクリエイティヴ・ディレクターに就任したときと言われ、そのラガーフェルトがデザインした「フローラルの花柄のプリント」が「CHLOE」の世界的な評価を高めるに至ったとのうわさです。

 ちなみにクロエのトレードマークである小さな南京錠(カデナ)が財布(すべてではない様子)には付いてくるようです。カラーはお洒落な印象を与えてくれる上品なグレーが多いように感じました。

スポンサードリンク

―――― END of This page.And Copyright-takumushobou-All Rights Reserved――――
サイト内で公開している文章及び画像には全て著作権があります。許可無く複製、再配布等は著作権法で禁止されています。

財布‐コレクション・いま人気のウォレット
カスタム検索
特定商法表記  個人情報法  サイトの利用案内  拓夢書房とは  PC-ブックマークに登録  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
誕生日プレゼント財布→ クロエ-Chloe|財布