財布コラム・ウォレットに関するetc

 ただ今デザインをリニューアル中です。数種類のデザインが混在していますが、予めご了承ください。

財布に関する書籍その1|イメージ写真

 このページは「財布コラム・ウォレットに関するetc」の目次となっています。ネット上で革製品などに関する記事等を見つけたとき、こちらで紹介することにしています。基本的にはウォレットに関する雑学を載せていますが、雑誌、新聞あるいは書籍を読んでいて、ひらめいた内容を記事に仕上げる事もあります。

ココマイスター/cocomeister|イメージ写真

 なお、記事を引用する場合には出典を明記しておりますので、ぜひそちらに関しても目を通してください。また、ウォレットに関するメイン記事は財布コレクション・いま人気のウォレットと成っています。メンズをはじめ様々なブランドを調査、タイプ別に紹介しております、革製品を探されている方は是非ご覧下さい。

正直な話し、革製品に関するコラムを書きたくても参考になる書籍は少ないと感じています。雑誌とか新聞とか、ネット上のニュース、あるいは友人との会話、家族の意見、色々と集めています。この様な理由により来訪された方に自信を持ってお勧めできるニュースはあまりないのですが、それでもこれまでに書き綴った記事がありますので、暇つぶしがてら読んでください。

スポンサードリンク

革製品に関するブランド調査

スポンサードリンク

その他、戦争反対!!

 メインテーマとは全く関係ない事ですが戦争反対です。だから個人的な意見を載せています。なお、この記事は以前公開された映画「太平洋の奇跡」http://www.taiheiyo-no-kiseki.jp/から文章の一部分を引用しております。

 大尉は微妙な立場。突撃していく現場の指揮官。死にに行かせなくてはならない。本当に苦悩がある立場だったと思うが、演じる上で苦労はなかったか? 分かってはいたが、実際に部下を目の前にしてみると、自分の感情を表に出せない、ということが本当に苦労した。

 戦争被害者は野武士のような方だったらしく、その表現には苦労した。ここで、学生のみなさんからの質問タイム。映画研究会に所属し、監督を目指しています。今回の作品で一番気を使ったシーンや配慮した点はなんでしょうか?

 映画はフィクションなので、ある場面では制作者の都合に合わせることもあるが、この作品では、実際にいた戦争被害者に敬意を払いながら実直に撮影させてもらった。戦争加害者を演じるにあたって、気持ちを入れてお芝居をされたと思いますが、例えば銃の引き金を引くシーンではどんな気持ちで引き金を引かれましたか?

 今回の撮影では、実弾の入っていない本物の銃で撮影しました。当然、女性が持って走れないような重いものでした。銃を撃つ際は、火薬のバァーンという音は人の命を奪う音なんだと思うととても複雑でした。

 戦争というものは、銃口を人に向けて引き金を引けるように人を変えていくものだなと。本当にそう思います。(撮影で)銃を構えるというのは、実弾が入っていないと分かっていても、非常に恐ろしいものだと思いました。

―――― END of This page.And Copyright-takumushobou-All Rights Reserved――――
サイト内で公開している文章及び画像には全て著作権があります。許可無く複製、再配布等は著作権法で禁止されています。

財布‐コレクション・いま人気のウォレット
カスタム検索
特定商法表記  個人情報法  サイトの利用案内  拓夢書房とは  PC-ブックマークに登録  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
誕生日プレゼント財布→ 財布コラム|財布に関するetc