プラダ(prada)|財布

 ただ今デザインをリニューアル中です。数種類のデザインが混在していますが、予めご了承ください。

 プラダ(prada)の財布は入手していないので、ネット上の口コミを集めて紹介する事にしました。一般的に良く言われている事ですが、プラダの特徴は、シンプルで尚且つ洗練されたデザインが評価されており、人気を集めているようです。また、上質でありながら的確な素材を適材適所に使うよう、キャンバス地が使用される場合もありますが、基本的にはナイロン素材が定番と言われています。

 本来財布などの革製品は牛革等の本革が使用される傾向にありますが、プラダ(prada)の財布はナイロン素材が定番と成っています、このナイロン製の財布やバッグが、日本では不思議と人気を集めていますが、若い人から見ると素材よりもネームバリューの方が重要なのでしょう。何種類もプラダばかり持っている人もいる事からその人気度が伺えます。

 さて有名ブランドと成れば怖いのが偽物です。テレビのワイド番組などで時折聞きますが、海外で偽物を製造させた後に日本国内に持ち込むブローカーが存在しているようです。そういった意味では偽物のプラダも存在する可能性もあるわけでネットだけでは有りませんが、信用できるショップで買い物をすることが重要だと言えます。

スポンサードリンク

ブランド別・財布情報

 さて、革製品を扱うブランドは他にも多々あります。誰でも知っているブランドもあれば、聞いたこともないメーカーもあり、どの財布を選ぶべきか、迷う事でしょう。最初は各企業の代表的な柄や簡単なプロフィールを知り、気になったアイテムを中心に探されてみるのも良い方法だと思います。

スポンサードリンク

プラダ(prada)の特徴と歴史について

 プラダのコンセプトは元々「日常を贅沢に飾る」でした。このポリシーに沿った、独自の技術力と素材により表現された、上品で質感の高いアイテムといえます。また、上質なデザインラインと洗練し尽くしたジャガード素材を用いてエレガント感を表現、歴史ある伝統的ロゴがバランスよく調和しています。特に上級アイテムは年齢を問わず末永く愛用出来るでしょう。ミウッチャ・プラダほど女性の内面に隠れた表現をデザインする事はできないだろうという評判もあるようです。

 創設者のマリオ・プラダの孫娘にあたるミウッチャ・プラダ(Miuccia PRADA)が現在もデザインを担当するとされ、1950年生まれのイタリア人女性と成っています。年齢の割には若作りで、美人系というよりは可愛い系と好評を得ています。やや太め、ぽっちゃりとした体形ですが、感じのいい女性と言った感じでしょうか。ミラノ大学では社会学を専攻し、博士号を授与されているらしい。

 さて簡単ですが歴史について、創設者のマリオ・プラダが1913年にミラノにて、革製品販売業「プラダ兄弟商会」を創業しました。珍しい素材や質の高い皮を世界中から集め、雇い入れたイタリア職人のアイデアとデザイン力により、それまでに無かったアイテムを創作する事に成功、同時に、イタリア国王の御用達アイテムとなり、次第にブランドとしての名声をあげていった、と言うのが通説です。

 ところが1958年にマリオ・プラダが死去後は時代の変化についていけず、20年近く低迷期を送る事に成り、復活したのは1978年とみる人が多いようです。マリオ・プラダの孫娘にあたる「ミウッチャ・プラダ」がオーナー兼デザイナーに就任が決まったからです。彼女は、創業者であるマリオが、旅行中に使用していた鞄の素材「工業用防水生地のナイロン(ポコノ)」からヒントを得ました。

 工業用防水生地と革をミックスしたバッグの開発に成功し、発売を決定しました。これが若い女性の間で評判を呼び、プラダはブランドとしての地位と名誉を復活させる事となったのです。そして1992年、ミウッチャ・プラダは彼女の子供時代に呼ばれていた愛称「ミュウミュウ」から新しいデザイン(ブランド)としてミュウミュウ(miu miu)を製作し発売を開始する。これにより現在の地位を確立したと言って良いでしょう。

 その後、チャーチーズやジル・サンダー、ヘルムート・ラングなどと言ったファッションメーカーを買収し、企業としても営業基盤を固めていきました。さらに2003年には東京・銀座中央通りのセフォラ跡地にてプラダとしては国内最大級の店をオープンさせました。

スポンサードリンク

 結局振り返ってみると、1958年に創設者のマリオ・プラダが永眠することによりプラダのブランド力が衰えて行くのですが、孫娘の存在により再び復活してきます。同じように倒産の危機を迎えながら復活したブランドにグッチなどがありますが、やはり長い歴史が維持できるのは、その時代にあったデザインと知恵、企業としての営業力などが必要なのでしょう。

 ブランドを立ち上げ、名声を受けたとしても、そのブランド力を維持する為にはある条件が必要とされています。その条件とは逸話だとも考えられます。例えば、イタリア国王の御用達アイテムだとか、ダイアナ妃も愛用していたとか、日本で言えば、女優の松嶋奈々子が持っている財布だとか、そういう話題が有ってはじめて購入する人が増え、結果的にブランドとしての名声があがり、地位が向上していくのです。

 ちなみに、正規のプラダの製品(つまり偽物・模造品ではないという意味)なら海外で購入した製品であっても日本の直営店で修理が可能とされています。但し基本的に修理代は有償です。具体的な修理内容が不明ですので金額などは不詳ですが、簡単な修理で7,000円くらいは必要と考えていた方が無難なようです。もちろん使用していた状態や購入後あまり時間が経っていないようであれば無料と言うケースもあるようです。

―――― END of This page.And Copyright-takumushobou-All Rights Reserved――――
サイト内で公開している文章及び画像には全て著作権があります。許可無く複製、再配布等は著作権法で禁止されています。

財布‐コレクション・いま人気のウォレット
カスタム検索
特定商法表記  個人情報法  サイトの利用案内  拓夢書房とは  PC-ブックマークに登録  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
誕生日プレゼント財布→ プラダ(prada)|財布