ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)|財布

 ただ今デザインをリニューアル中です。数種類のデザインが混在していますが、予めご了承ください。

 ルイ・ヴィトンは、1854年にパリで開業し、世界で初めて旅行用鞄(かばん)の販売をはじめたブランドとされています。つまり鞄に起源を持つメーカーとして誕生しました。ところが有名ブランドに成った企業の宿命でしょう、ブランド品が数多く製造されている事でも有名です。その為、ルイ・ヴィトンは世界で最初にコピー商品の流出を防止するため、モノグラム柄を用いた事で有名です。

 ルイ・ヴィトンの革製品を飾っているモノグラムは有名な「LとV」を組み合わせたデザイン、そして花と星を組み合わせた模様ですが、この模様を考案したのは二代目のジョルジョ・ヴィトンとされています。この様に世界の流れを読みながらも独特の世界観をデザイン、表現するルイ・ヴィトンは、王侯貴族を始め上流社会の人々を魅了し広まって行きます。

オークションで入手した財布

 ところで最近は偽物の対象が広がっているそうです。テレビのニュースで流れていましたが、以前はルイ・ヴィトンなどのように世界的に有名な企業がターゲットとして狙われていましたが、最近は様々なメーカーのコピー商品が偽造されている模様です。その上「コピー商品です」と明確にしながら販売しているショップがネット上に存在します。

 もちろん価格的にすぐにコピー商品だと分るでしょうが、やはりネットを利用して買い物をする場合は信用のあるショップを選ぶことが重要な点に成ってくると思います。そういった意味で考えると現在、ネット上で存在するショップの中で絶対的な信頼を得られるのは数少ないと感じます。

スポンサードリンク

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)とオークション

ルイ・ヴィトンのエピ|財布

 話が脱線しましたが、この様に上流社会での広まりがメーカーとしての基本になっていたと言えるでしょう。さらにヴィトンは1998年に服作りも開始しています。そのコンセプトは「機能的」であり「実用的」であることになっています。その証拠に必ずモデルがバッグ等の革製品を持っているのがルイ・ヴィトンの営業方針であり、コレクションの最大特徴と言えるでしょう。

 さて個人的な話しになりますが、ヤフーオークションを利用してルイ・ヴィトンの財布を2点ほど落札しました。財布に関するサイトを運営していながら有名なルイ・ヴィトンを持っていないのは変だと思い、またオークションで入手すると一体どのぐらいのレベルなのか? 気になったからです。

 そして実際に入手できたのが右側にある写真の2点です。結論から言えばアイテムの状態は考えていた以上に悪いのですが、オークションの場合、参加する人は目の肥えた人が多いようで、ネット上の画像を見て上手に判断されているようです。もちろん人気アイテムで状態の良いものは入札する人が多く、安い金額で落札できることはありません。

 最終的には新品を購入するのと同じ程度の金額まで吊り上る事も多々見受けられました。もちろんオークションで入手することも悪い事では有りませんが、普段参加されていない方が状態の良い品を安い金額で落札する事は難しいと思います。私も十数点ほど落札しましたが、満足できるウォレットは入手できておりません。

スポンサードリンク

ブランド別・財布情報

 革製品を扱うブランドは多々あり、すべてのメーカーを調査するのは無理ですが、一般的にウォレットを扱う企業の中で人気のあるメーカーを独自のアンケートで調査し、それらのデータを基にお勧めのブランドを記事に仕上げています。まだ知らないブランドもあるでしょう、この機会にチェックしてみてください。

スポンサードリンク

―――― END of This page.And Copyright-takumushobou-All Rights Reserved――――
サイト内で公開している文章及び画像には全て著作権があります。許可無く複製、再配布等は著作権法で禁止されています。

財布‐コレクション・いま人気のウォレット
カスタム検索
特定商法表記  個人情報法  サイトの利用案内  拓夢書房とは  PC-ブックマークに登録  Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
誕生日プレゼント財布→ ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)|財布